2016年11月30日水曜日

レトロタイルの流し台へ引っ越しさせました!(昨日の続き)

2012年9月 7日 (金)の過去記事です。

こんにちはnote
今日も残暑が厳しかったですが、
湿度が低く、まるでハワイのような爽やかな気候でしたねsunwave
と言う事で、本題ですが。
昨日 立上げたレトロタイルの流し台の濁りが予想通り消えて、
早速メダカさんを投入しましたfishsweat01fishsweat01fishsweat01fishsweat01

sharp 通常は水槽を立上げた翌日に生体を投入するのは
バクテリアサイクルが出来上がっていないのでタブーですが、
出来上がっている飼育水(種水)と「御神田の水」を添加しているので、
全く問題なく生体を投入出来ますgoodshine

で、どの仔にしようか少し迷ったんですが、
少しでも広い環境で、のびのびと生活してほしいので、
楊貴妃透明鱗三色錦の少し痩せ気味の仔と、
別種の三色錦の背曲がりの仔と、
楊貴妃透明鱗更紗の色揚がりの悪い子に入居してもらいました。

昨日立上げたとこなので、念の為に点滴法で慎重に水合わせですsweat02



念の為に水温合わせもします。⬇


同じ位の水温になれば、優しく投入してあげて下さい ⬇



別種の三色錦の綺麗な仔ですが、
残念ながら、少し背曲がりが出てしまったので、
遺伝させないように、採卵しない水槽で余生を送ってもらいます。clover



これから水草類も繁殖し、
レトロタイルのミニビオトープも賑やかになってくれる事でしょうbud

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓

住吉めだか*御神田の水


メダカ

レトロタイルの流し台*リセット〜荒木田土水槽へ変更しました!

2012年9月 6日 (木)の過去記事です。

こんにちはnote
今日の大阪住吉は、この夏で一番涼しく、
日陰に入れば、そよ風が夏で疲れた体に心地よく感じ、
その勢いで、レトロタイルの流し台をリセットし、
新たに荒木田土水槽を立上げましたbud
レトロタイルの流し台の雰囲気を活かす為に、
我が家では珍しくベアタンクにしていました。

ただ、ベアタンクはどうしてもメダカやミナミヌマエビや貝類の糞尿で汚れるのも早く、
メンテナンスも面倒なので、レトロタイルには似つかわしくないかもですが、
荒木田土を底床に使ってみる事にしました。
荒木田土を底床に使っていたクマちゃん容器5ヶから拝借します ⬇

クマちゃん容器からヤゴが出て来ましたよcoldsweats02sweat02 ⬇


幸いメダカさんは引越し済みで、
クマちゃん容器の中には何も入ってなかったので、
恐らく被害には遭ってなかったはずですが。。。confident
荒木田土をレトロタイルの流し台に敷いて、
荒木田土の上に薄いプラスチック容器を乗せて、
シャワーでオーバーフローしながら水を注ぎます ⬇




まだ少し濁っていますが、これくらいの濁りなら明日には落ち着いていると思います。


荒木田土を底床に使った事により、
「御神田の水」の特性を最大限に生かせる状態になり、
生体の糞尿も水草の肥えとなり栄養となりますので、
これからは、蒸発した分、足し水のみで管理出来るようになりますgoodshine
さてさて、このレトロタイルの流し台に、どのメダカさんを入れようかな。。。confident
↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓

住吉めだか*御神田の水


メダカ

まるで清流に住んでるような。。。三色錦*メダカ

2012年8月28日 (火)の過去記事です。

こんにちはnote
今日はニホンカワウソが絶滅したとの報道があり、
物凄く残念で悲しい気持ちになりました。weep

ただ、まだ何処かで生息しているように思いますし、
ひょっこりと愛くるしい姿を現してくれそうな気もします。。。confident
ニホンカワウソは清流のシンボルですが、
日本は世界に誇れる清流が数多く有りますね。
ただ、無意味なダムや里山の水路がコンクリートで固められている姿を見ると、
愚かやな。。。と、つくずく思ってしまいます。

日本の技術力や開発力が有れば、
もっと自然と共存出来るような公共工事も出来るはずですがね。。。


いらん税金使うなら、ドイツのように、元の自然に戻すような公共工事をしてほしいな。。。
この元の自然に戻す代表的なものが、ビオトープですが、
日本のビオトープは、元々生息していた魚類などの生物や水生植物じゃないものを投入して居るケースが多く見られますね。
自宅でのミニビオトープは改良メダカやホテイアオイなどの外来種でも良いですが、
公共施設的なビオトープは、全てではないですが、もっと勉強してもらいたいもんですね think
ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、本題に参ります。
なんやかんやと言っても、やっぱり観賞用のメダカは、
まるで清流に住んでいるような綺麗な透明水で飼育したいですね。mist
我が家のメダカ飼育環境ですが、稚魚育成用のベアタンク以外全て、
田んぼの土や荒木田土+川砂の田土系で飼育していますが、
その全ての水槽は「まるで清流のような透明水」になっております。







綺麗な透明水の中を気持ち良さそうに泳いでいるメダカの姿は、
ほんま癒されますねconfident
また、綺麗な透明水は、メダカの病気の早期発見にも繋がりますし、
そこらへんも、利点と言えますねconfident
清流のような綺麗な透明水の作り方ですが、
水槽の大きさに対する生体数や、水草の量、底床の量、水深、照射時間など、
全てのバランスが整って初めて清流のような綺麗な透明水が出来上がりますmistsweat01shine
ここまで来れば、バクテリアのバランスも最高の状態になっていますし、
あとは、蒸発した分、足し水するだけで、最高の飼育環境を維持することが出来ます。
もちろん、足し水は「御神田の水」の希釈水でお願いします。bleah w
と言う事で、最後に、動画も撮ってみましたので、
お時間のある方はどうぞご覧下さい ⬇

↓ご訪問ありがとうございます。応援クリックをポチッとお願いします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓

住吉めだか*御神田の水


メダカ