ラベル 熊野古道 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 熊野古道 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年11月20日日曜日

南方熊楠の精神を受け継ぐ

2011年12月17日 (土)の過去記事です。

こんにちはnote
今日は NHK Eテレで「南方熊楠のエコロジー100年」が放送されていました。
私の自然に対する興味が更に大きくなったのも、
南方熊楠の存在が影響していますthink


南方熊楠をご存知になられない方は、こちらを参照して下さい。downwardleft
南方熊楠 wikipedia
南方熊楠は私の故郷 和歌山市で生を受け、その後 紀南の田辺に居を構え、
熊野の森を自分の足で歩き、主に菌類・変形菌類・地衣類・蘚苔類・藻類の研究に没頭されたそうです。
紀伊田辺からほど近い、中辺路町は私の母の故郷で、
私もその中辺路の田舎が大好きで、幼少の頃から現在まで、
時間が取れれば、その熊野の森や川や海の大自然の中に身を委ねに行きます。


ある日、熊野の森の「果無山脈」ヘ「ヒメオオクワガタ」を探しに出かけた時の事ですが、
物凄く柄の長い網を持って、一心不乱に蝶を追いかけている年配の方を見かけました。
その方に声をかけ、「ヒメオオクワガタを探しているのですが。。。」と質問すると、
丁寧に生息場所や探し方等を教えて頂きました。
もっと詳しく聞きたかったのですが、
その方は蝶を見つけると何も言わずに再び一心不乱に蝶を追いかけて熊野の森の中に消えて行きました。
後から知ったのですが、どうやらその方は、
南方熊楠の精神を受け継ぐ「熊野の森ネットワーク〜いちいがしの会」を発足させた、
後藤伸先生(県立田辺高校などの教師)だったようですsign03
残念ながら、後藤伸先生は2003年にお亡くなりになられましたが、
生前の後藤伸先生の少年のように無邪気で元気な姿を拝見出来た事は、私の宝であり財産になっています。
その後、中辺路町栗栖川在住の「いちいがしの会」会長の竹中さん宅へ訪問し、
自然環境保護について語り合いました。
話をしていると、なんと私のお婆ちゃんの弟とその息子さんも
「いちいがしの会」の会員である事が発覚しましたsign03
世間って狭いですねcoldsweats01
その時に「御神田の水」の元になっているモノの話もさせて頂き、
南方熊楠が一番研究に没頭していた「菌類」と、
「御神田の水」の元になっているモノの「菌類」の話で盛り上がりましたup
その「いちいがしの会」の竹中さんは書店を経営されているので、
前から欲しかった、故 後藤伸先生が執筆された「虫たちの熊野〜照葉樹林にすむ昆虫たち」を購入し、
自宅に帰り熟読しました。

私なりのレビューとしましては、downwardleft
***********************************
南方熊楠の精神を受け継ぐ、
自然保護団体「~熊野の森ネットワーク~いちいがしの会」を発足させた
”故 後藤伸氏”の「らしさ」が出ている書籍です。 
この本は、一見普通の「昆虫図鑑」に見えますが。。。
「人の視点から見た自然」ではなく「虫の視点から見た自然」であり、
森林再生や自然環境保護を強く意識した書籍です。 
***********************************
山が崩れ、川が涸れ、生きものたちが消えてゆく。
一見、緑豊かな紀伊半島の森に今、何が起きているのか。
半世紀にわたって熊野の自然と対話してきた「カメムシ先生」が、虫たちの叫びを伝える。
〈ソフトカバー〉
って感じですかね。。。coldsweats01
こちらの「虫たちの熊野〜照葉樹林にすむ昆虫たち」ですが、
Amazonでも購入出来ますが、今は中古本しかないようですcoldsweats01
昆虫好きな方はもちろん、自然環境保護に興味の有る方にも、お勧め出来る単行本ですgoodshine
南方熊楠さんの写真を見ると、亡くなった お爺ちゃんにそっくりで、
物凄く親近感が沸き、物凄く身近な存在の人にも思えてしまいます。confident
神社合祀令の反対を訴え続けた南方熊楠。
それでも、かなりの数の神社の森は葬り去られましたが、
ただ、何も行動を起こしていなければ、全ての神社の森は消滅していた事でしょう。
南方熊楠の精力的な運動で、大切な神社の森は、辛うじて守られました。

これは、私の第二の故郷でもある、中辺路町大川の春日神社です。up
この神社の森も辛うじて守られましたconfidentdownwardleft


南紀方面に旅行に行かれたら、
南紀白浜の「南方熊楠記念館」や、
紀伊田辺の「南方熊楠顕彰館」に出かけてみては如何ですか?
そこには、南方熊楠の精神が今も尚、生き続けています。confident


「南方熊楠のエコロジー100年」の放送を観たことにより、改めて
同郷でもある、南方熊楠の精神を受け継ぎ、
私達も微力ながら自然環境保護活動をこれからも継続して行こうと
心に誓った次第ですbudconfident
「御神田の水」を使用する事により、
無意識に自然保護活動に参加していると言う事をご存知ですか?
「御神田の水」とは、そういう商品でもあります。scissorsshine
今日はメダカ記事では無くなってしまいましたが、
メダカを飼育している以上、こういうところにも関心を持って頂けると
更にメダカ飼育も奥深いモノになるかと思います。bud
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓

住吉めだか*御神田の水


メダカ

2016年11月11日金曜日

田んぼの土の底床で微生物わっさわっさ湧いてます!

2011年9月 5日 (月)の過去記事です。

こんにちは♪
台風も去り、大阪住吉は平和な日を迎えていますが、
先程のニュースでも見ましたが、南紀の田舎の方が偉いことになってしまいました。
うちの田舎の家(中辺路町大川)に行く途中の、滝尻で大規模な土砂崩れが起きたことは、
聞いていましたが、実際この目で確認したところ、想像以上に酷く、
これは、復旧するまでかなり時間が掛かりそうです
こんな感じです。



田舎の家まで、車であと10分弱の所です
その他にも、サーフィンを楽しんだ地域も、線路が川に落ちてたり、川が氾濫して洪水になったりと、
改めて自然の驚異を感じましたね。
実際体験していないので、肌で感じることが出来ませんが、
普段から色んなところに目を通し、出来る限りシュミレーションしておいて、
被害を最小限に食い止めたいと、更に強く思いました。
さてさて、本題ですが、
雨水が流入してしまった、スーパーメタル幹之と、
少し臆病になってしまっている紅白が気になり、
その様子を観察して来ました。
スーパーメタル幹之の方は、まだ少し元気がなくて、エサ食いも悪いです
これは、時間が解決してくれると思いますが、
今度からは、きっちり蓋をしなければいけませんね
反省です
あと、紅白の方は、まだ少し臆病になっていますが、
私の姿を確認すると浮いて来てくれるようにはなり、
エサもちゃんと食べてくれてますが、
私の姿を確認するまでは、簾の陰に隠れるように、底でじっとしていました
ほんま、早く太陽の恵みを受けて、スイスイ泳ぎ回って欲しい限りです。
そんな中、紅白の水槽をチェックしていると、3匹の稚魚を発見したので、
見つけた限りは救います(掬います)
その稚魚をコップで掬って、白い容器に入れたんですが、
ほんま、少量の飼育水を掬っただけやのに、
ミジンコやその他の微生物が、わっさわっさ湧いてましたよ

底床は田んぼの土と川砂のミックスですが、
どれだけ湧いてるねんって言う位、湧いてる模様です
ほんま、田んぼの土と御神田の水のセットは、
メダカの活性の良さや、成長スピードも違いますし、
何より水質が限りなく完璧な状態を長期間維持出来ますし、
微生物はもちろん、どんな水草が出現するか分からない面白さが有りますね
無農薬の田んぼ土の在庫が無くなったんで、そろそろ田んぼの土を貰いに行こうかな。。。
仕事上、色んなタイプ(赤玉土以外)の底床をテストで使っていますが、
個人的にのみ使うのだったら、田んぼの土か本舗さんの「メダカ君専用肥土」だけで良いですね
手に入りにくい場合は荒木田土でカバーしますが、、、
赤玉土は数年前にテストで大失敗して以来、2度と使いたくないですね。
今まではっきりとは言ってませんでしたが、

赤玉土はダメです
どう考えても、赤玉土の形状から言って、
いずれ目詰まりを起こしてしまうのは、目に見えて分かりますし、
そうなってしまえば、あっという間に毒水(アンモニア水や硫化水素)に変化してしまいます。
濾過器を使う場合、
同じような形状のバクテリアの温床に使ってるような濾過剤は、
必ずウールマット等でカバーしてやる必要が有ります。
それでもいずれは目詰まりを起こしますので、
飼育水で目詰まりを取ってやらなければいけません。(洗浄)
そう考えると、赤玉土を底床に使っていれば、どういう状態になるか分かりますよね
これで、赤玉土協会(そんなんあるんかい!?)から、
命を狙われるかも知れませんが、もう黙っていられなくなったので、
命がけで忠告してみました
実際、海外では、このような危険が多々有ります
もちろん赤玉土の良さも沢山ありますが、
これはきっちり管理出来て、もの凄くマメな方で、裕福な方に限ります。
(赤玉土の交換が頻繁になるので)
こちらに詳しく書いているので、今一度参照してください。

メダカの飼育水と底床について


あと、他の水槽もチェックしてたんですが、
スーパー光ミユキ(青)が糸状の苔に卵を産みつけてました
雨が降って来たんで、速攻で採卵する為に、苔ごと採卵しました

親はこんな感じ


ってことで、そろそろ夕方のエサやり行って来ます


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓

住吉めだか*御神田の水


メダカ

中辺路町帰省日記

2011年8月15日 (月)の過去記事です。

こんにちは♪
一昨日の夜中に熊野古道で有名になった、中辺路町の田舎へ帰省して来ました。
今回、阪和高速が開通する前以来、約30年振りに国道26号線〜42号線〜311号線と、
全て下道で帰りましたrock
といっても、その当時と比べて道も綺麗になり、思ってるより楽ですが。。。
最近サーフィンしてなくても、長年の癖で、ずっと波チェックしもって、車を走らせてましたcoldsweats01
夜中の2時半頃到着したので、そのまま眠りについて、
翌朝、白浜のゆーみんさんとこへ電話し、
ちょっとだけ遊びに行きましたnote
国道が綺麗になった事も有りますが、ゆーみんさん宅まで約30分の距離で、
ちょっとした、ご近所さんですね(笑)
ゆーみんさんとは初対面ですが、初対面とは思えない位、意気投合?しましたねbleah
やっぱり同年代ですし、趣味も同じなんで、話が合いますね〜(笑)
そうそう、愛犬ピーチが ゆーみんさん家の畳におしっこチビってしまって、
ほんま、すんませんでした m(__)m
亡くなった、お父さんの写真も見せてもらいましたが、
ほんま男前なお父さんですね〜sign03
ゆーみんさんは、お父さん似ですねwink
何か、新しく別の田舎が出来たようで、めちゃ落ち着けました。
色々お世話になり、有難うございました。
また遊びに行かさせて頂きますねbleah

それから、ゆーみんさん宅を出て、今度はまたまた中辺路の田舎へ戻り、
大好きな、おじいちゃん、おばあちゃんや、先祖の墓参りです。

お墓の石畳に咲いていた、オレンジ色のヒオウギです。
(アラレさんに、指摘されて、直しました(^^;))
墓参りを済ませ、今度は隣村の近露へ向かいましたdash
近露は熊野古道の近露王子が有名ですが、
昨日の記事にも書きました、日本一の芝生のグラウンドが有る、近野小学校も密かに有名で、
熊野古道を歩く人々の目を楽しませてくれる、長閑な小学校ですnote


女の子達も童心に帰り、芝生の上をゴロゴロ転がって楽しそうでしたnote


ピーチもやっぱり芝生が気持ちいいのか、メチャクチャはしゃぎまくって、
最後は枯れ草で目隠し状態になってしまいましたbleah
それから、まだ時間が早いので、大好きな秘境へ向かいましたdash

ここは、清流「富田川」の源流域で「兵生(ひょうぜ)」と言う場所で、
昔は人も住んでいましたが、今は廃村になってしまいました。


昔利用されていた吊り橋も、今は誰も利用しなくなった、過去の吊り橋です。


ここが、富田川の、ほぼ源流域で、この先は果無山脈と言って、
左へ行けば龍神温泉方面、右に行けば熊野本宮大社へと抜ける道に突き当たります。
ここまでの道のりは、これぞスーパー林道と言う過酷な道で、
途中から舗装されていない、「野の道」で、地元の人でも殆ど利用しない、ヤバい道ですdanger
そうこうしているうちに、すっかり夜も更けて来て、
村の盆踊りも始まりましたので、ちょっとだけ見に行きました。

子供の頃は、一緒に踊りましたが、今はちょっと恥ずかしくて、踊れませんcoldsweats01
夜店も少しだけ出ていますが、ここの夜店は青年会が行っているので、
金魚すくいを本気でやれば、軽く100匹は掬えますsign03sweat01(笑)
従兄弟の子も金魚すくいをやりに行ったんですが、
終了間際やったんで、お金もタダで金魚5匹もらってましたsign03
その金魚を家で飼う自信がないみたいで、
それならと、私が貰い、母親へのお土産にしましたbleah
お金使わんで済んだcoldsweats01(笑)

3日目は朝から雨が降り続き、川へ泳ぎに行く予定でしたが、
残念ながら中止にし、雨も止みそうもないので、
早々と帰宅する事にしましたrvcardash

帰りは、今度は山越えで、これまた高速を使わず、
全て下道で、景色を楽しみながら、ゆっくり帰りましたnote
人生で一番短い帰省でしたが、やっぱり田舎は良いですね。
めちゃくちゃ癒されましたconfident










にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

住吉めだか*御神田の水*オンラインショップはこちらから ↓